倉吉鴨水館   
<お知らせ>1月16日に特定非営利活動法人として認証されました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

館生の後期編入選抜試験を実施します。

倉吉鴨水館では、館生の後期編入選抜試験を実施します。
  出願期間:平成26年9月4日(木)から同月12日(金)
  面接試験:平成26年9月18日(木) 10:00-

対象は、
・大学に入学したが、今一度、別の大学に再挑戦したいと思っている生徒
・大学進学に向けて再挑戦中だが、環境を変えて、後半、一層真摯に取り組んでみたい生徒
です。

募集人数は、若干名です。

編入を希望される方は、実施要項をご覧頂き、出願してください。

   問い合わせ先
   倉吉鴨水館  担当:石原、河本 (電話0858-41-2030)
          メール:ousuikan@hotmail.co.jp

◆編入選抜試験実施要項の概要
・募集生徒数  若干名
・出願は持参又は郵送(9月12日必着)
・出願期間は、平成26年9月4日(木)から同月12日(金)まで
・編入選抜手数料  3,000円
・編入者選抜の方法   提出した書類(全国模試結果含む)の審査及び面接試験の結果を総合して選抜
・面接試験   日時:平成26年9月18日(木) 10:00-16:30(受検者には個別明記 15分程度/人)
          場所:鴨水同窓会館  1階 会議室
・合格発表   平成26年9月18日(木)17:00 倉吉鴨水館玄関正面掲示及び当館ホームページに掲載
・編入手続き  9月19日(金)午前8時30分から9時までに同館1階会議室で。
          手続き終了後、9時から9時40分にオリエンテーションを実施。
・入館料 1万円
・授業料 21万円 

実施要項
http://ousuikan.tumblr.com/hennyu

志願書
http://ousuikan.web.fc2.com/image/140228shigansho.pdf

*倉吉鴨水館公式ホームページ
http://ousuikan.tumblr.com/post/96529100724
スポンサーサイト

11/24 セミナー「助成金の攻め方」(講師:日本財団 山田泰久氏)に参加

11/24 セミナー「助成金の攻め方」(講師:日本財団 山田泰久氏)に参加  まとめ
http://blog.canpan.info/tottori-center/archive/4

・助成金を活用して、ジャンプ(距離のある)してほしいのが助成機関の想い
・審査担当者の視点(←チェックリストになる)
・事業が終わった後(3年後あたりまで)どんな成果が出せるか(イメージできているか)
・成果を起点にその成果が出せる事業内容になっているか
・団体として実行可能なものか
・団体の規模感(前年度決算、スタッフ数)は妥当か
・事業の規模感(目的、内容、対象者、対象地域)は妥当か
・成果の規模感(成果物、事業のインパクト)は妥当か
・何がしたいか把握するため、予算とスケジュールから見るので、事業内容と合致しているか
・助成金の波及的効果は?(団体、地域、社会、分野にどういう効果を生み出すか)
・なぜ助成金の申請が必要なのか
・申請書に数字的なエビデンスを用意できているか

・助成機関はネットで申請団体をチェックするので情報発信を整理しておくことは大切
  団体の概要     計画書、報告書、予算、決算が掲載されているか
  今の活動の様子がわかるか     これまでに助成金を活用してきたか
  ソーシャルメディアの活用
・社会変革のためには多様なセクターが関与していることも大切

<ヒントはここからつかむ>
・助成プログラムのサイトから、とりわけ役所の募集は詳細、丁寧なものがある
・財団の事業報告書をチェックする
・過去の助成事例集を参考にする
・助成の募集要項から考え方や視点を学んで自団体の計画に生かす
   こんな事業がしたいから助成金を探す⇒助成金の方針を理解してその考えにあった事業を組み立てることもあり


<参考サイト>
CANPAN助成制度データベース

NPOweb

倉吉鴨水館案内 第2版

案内の第2版を作成しました。


志願者状況 63名

3/21,3/22,3/25 3日間、募集をしましたところ、63名の応募がありました。
初日が11名、2日目が25名と2日間で36名。定員の50人には程遠く、心配しました。
3日目27名でホッとしたところでした。今日は夕方から会場準備です。(terasaka)

倉吉鴨水館第一期生を明日から募集します

倉吉鴨水館では、その第一期生となる平成25年度の入館(学)者を募集します。

出願期間:平成25年3月21日 (木) から同月25日(月)(3月23日、24日を除く)まで
  受付時間:午前9時から午後4時まで(正午から午後1時を除く)
  受付場所:鴨水同窓会館(倉吉東高内)  直接ご持参ください。

なお、学力検査は平成25年3月27日(水)午前9時から(集合午前8時30分)です。

  試験場所は、上灘公民館です。


 倉吉鴨水館入館(学)者選抜実施要項  志願書 

 倉吉鴨水館 入館案内


*このページのファイルは すべてPDF 形式のデータで登録されておりますので、表示するためにはAdobe Reader (無償配布ソフト)が必要です。

第4回意見交換会(兼理事会)の概要について

2月27日(水)に開催しました理事会・意見交換会の概要は次のとおりです。

◯日時 平成25年2月27日 18:00-19:40
◯場所 倉吉東高
◯8名の理事のうち、岡本理事、名越理事は欠席  理事長ほか6名は出席
1.定款の変更⇒臨時総会(3/12)に提案予定
○理事1名の追加
○岸田顧問の追加
定款第19条を次のとおり変更
「この法人に、事務局長その他の職員を置く。」を「この法人に、館長及び顧問その他の職員を置く。」
○総会の開催案内の電磁的処理対応
第24条第3項を以下のとおり変更
「3 総会を招集するときは、会議の日時、場所、目的及び審議事項を記載した書面をもって、少なくとも5日前までに通知しなければならない。」

「3 総会を招集するときは、会議の日時、場所、目的及び審議事項を記載した書面、FAX、電子メールなど電磁的方法のいずれかをもって、少なくとも5日前までに通知しなければならない。」

2.非常勤講師の確保状況
確保できていない科目あり、引き続き確保に努力。

3.非常勤職員の設置
・副館長の設置が了承。
・事務スタッフについては引き続き検討 

4.募集要項最終案 決定  
・入学金は1万円とし(手続き日(3/30)納入)
・授業料を350,000円とし明記  
・授業料納期 2回:4月20万円、10月15万円 

5.入学(館)案内  概ね原案どおり

6.規則、規程 の完成
・文書管理規則/組織規程/就業規則/事務決裁規程/非常勤講師就業規程
未作成:職員給与規程

7.職員の勤務条件 
職員の勤務条件(案)
1週間の所定労働時間は、38時間45分とする。
2 1日の所定労働時間は、実働7時間45分とする。
3 始業時刻・終業時刻および休憩時間は、次のとおりとする。
   始業時刻   8:15    終業時刻   16:45    
   休憩時間    12:05-12:50
休日:(1)日曜日(2)土曜日(3)国民の祝日(4)年末年始(5)夏季特別休暇 <授業>①8:35-9:20 ②9:30-10:15 ③10:25-11:10 ④11:20-12:05 休12:05-12:50  ⑤12:50-13:35 ⑥13:45-14:30 ⑦14:40-15:25

8.情報共有と決裁のあり方 最終決定

9.その他
○封筒の発注を進める(角2、定形封筒) 各1000枚
○会計報告 23名の入会  
◯電話・ネット工事     3/5 午前  予定       
○法人クレジットカードの加入の提案 ⇒ 加入決定
○官公署への申請  税務署(収益事業届 3月)
 ⇒3/5に電話工事の終了後

以下のとおり、倉吉東高牧校長から意見交換会の開催通知がありました。
早速、理事の皆様に連絡しました。第4回理事会も兼ねています。

                        平成25年2月23日

特定非営利活動法人
 理事長 杉本美智子   様

                        鳥取県立倉吉東高等学校
                           校長  牧 尚志

   第4回特定非営利活動法人倉吉鴨水館の取り組みに係る意見交換会について

 このことについて、その状況を伺うとともに諸課題について意見交換したいと思いますので、下記のとおりご参加くださいますようお願いします。

                記

1 日時   平成25年2月27日(水) 18:00-20:00
2 場所   倉吉東高 会議室
3 議題   倉吉鴨水館の開館に向けた諸課題等
4 参加者  特定非営利活動法人倉吉鴨水館 理事他会員
       倉吉東高等学校 校長 副校長 教頭 主幹教諭 教諭若干名

 人気ブログランキングへ

第3回意見交換会(兼理事会)の概要について

2月6日(水)に開催しました意見交換会の概要は次のとおりです。

1.非常勤講師の確保
 未決定科目も有り、引き続き確保に向け交渉中
2.施設使用料申請
 使用許可申請は学校へ2/6提出済み 
 別途減免申請書の提出へ準備
3.会員の入会状況
 計20名  (内賛助会員1名)
4.募集要項の決定
5.入試、開館式、入館式のスケジュール
6.規則、規程  次回検討
7.情報共有と決裁のあり方
 ・フェイスブック(Facebook)とエバーノート(Evernote)を活用して電子化を提案
8.理事の担当の決定
   ・渉外:  岸田理事
   ・教務: 岡本理事
   ・高校連携: 名越理事
   ・高校PTA連携:  中島理事
   ・広報・情報発信・庶務担当: 寺坂理事
人気ブログランキングバナー

人気ブログランキングへ


第3回特定非営利活動法人倉吉鴨水館の取り組みに係る意見交換会について

以下のとおり、倉吉東高牧校長から意見交換会の開催通知がありました。
早速、理事の皆様に連絡しました。第3回理事会も兼ねています。

                        平成25年2月4日

特定非営利活動法人
 理事長 杉本美智子   様

                        鳥取県立倉吉東高等学校
                           校長  牧 尚志

   第3回特定非営利活動法人倉吉鴨水館の取り組みに係る意見交換会について

 このことについて、その状況を伺うとともに諸課題について意見交換したいと思いますので、下記のとおりご参加くださいますようお願いします。

                記

1 日時   平成25年2月6日(水) 18:00-20:00
2 場所   倉吉東高 会議室
3 議題   倉吉鴨水館の開館に向けた諸課題等
4 参加者  特定非営利活動法人倉吉鴨水館 理事他会員
       倉吉東高等学校 校長 副校長 教頭 主幹教諭 教諭若干名

 人気ブログランキングへ

現在、当法人の会員を募集しています

今年3月末をもって倉吉東高専攻科が廃止されます。
専攻科が廃止になっても、現実には浪人生が出ることは不可避と考えられます。

彼らを守っていくために、専攻科に代わる新たな体制・組織「特定非営利法人倉吉鴨水館」を倉吉東高等学校の敷地内に立ち上げ、鳥取県中部地区の高校卒業生 を主たる対象にして、大学進学に向けた学力の向上を総合的・多面的に支援していきたいと考えています。

現在、倉吉鴨水館では、会員を募集しています。

会員には、正会員と賛助会員の2種類があります。

(1)正会員   この法人の目的に賛同して入会した個人及び団体

(2)賛助会員 この法人の事業を賛助するために入会した個人及び団体

正会員と賛助会員との違いは、
正会員は総会で決議に参加でき、この法人への経営に参画できます。会社の株主のような存在です。 但し、利益の分配などの経済的な利益は受けれません。

賛助会員は、この法人の設立趣旨に賛同して、その活動や運営を応援していただくものです。ファンクラブのようなものと考えていただければ結構です。

会費は、正会員が入会金3,000円、年会費3,000円です。賛助会員はいずれも0円です。

いずれの会員でも結構です。

倉吉鴨水館の設立趣旨にご賛同の上、ご入会いただき、当館の活動をご支援くださいますようよろしくお願いします。


<入会の手続き>
1.入会していただける方(団体)はousuikan@hotmail.co.jpまで氏名(団体名)、住所、連絡先(電話)、正会員か賛助会員かを記載の上、メールをお送りください。

2.メールをお送りいただいた方には当方から入会金、年会費の納入先をお知らせするメールを差し上げます。

3.入金が完了されたことを確認して、会員登録のご案内メールを差し上げます。


倉吉鴨水館公式サイトでの募集案内

<参考>

倉吉鴨水館の設立趣旨 倉吉鴨水館誕生まで  アクセス情報    

定款     体制・連携図    倉吉鴨水館役員名簿
(terasaka)


人気ブログランキングへ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。